消費者(見込み客)との対話ができるマーケティングツールを1つは持つ(ホームページ)

「社会保険労務士さんに頼んでいいか分かりませんが」、「他の社会保険労務士事務所で断られたのですが」等の貴重な意見。

顧客獲得のヒントになる最大の要素は他人から聞いた顧客の要望ではなく、自分で雑多で辛辣な要望の中から見つけたものです。中には「こんなことを社会保険労務士さんに頼んでいいか分かりませんが」、「他の社会保険労務士事務所で断られたのですが」というありがたいヒントを言っていただける方もいらっしゃいます。

前項でご説明させていただきましたように客の質や受任率の高さは紹介のほうがはるかに高いので、ネット経由の見込み客の相手をしていると当然効率は悪いですが、ホームページは雑多な見込み客から直接意見をもらえるツールとしては非常に安上がりなものですので、直接的な顧客獲得に繋がらなくても持っている意味は高いのです。

ホームページを制作する時に私どもでご助言することに文章の書き方があります。実際の営業の時のように、目の前の方にメリットを感じていただけるように書いていただければ、ホームページからの受任率もおのずと上がっていきます。